砂遊びと地震

あんな相談こんな相談何でも相談 comments(0) - 軽トラ社長

JUGEMテーマ:お仕事

 

こんにちは

住いの設備と リフォームの専門店 

山坂住設サービスの 山坂修務です

 

 

9月6日に 大きな地震がありましたね

電気がストップ 信号機も付かない

 

今までに経験した事のない 揺れ

なんだか 仕事やいろいろな事が

すべての時間まで スローになった様です

 

 

 

ちょうどその頃に いつもとはちょっと違った

仕事の真っ最中でした

 

自然豊かな保育園の砂場の 改修に毎日通っていたのです

 

小さな子供たちが 明るい笑顔で

出迎えてくれるので

 

少し(地震)を忘れ 少し(自信)を取り戻す毎日です

おやじギャグも 言っている状況ではないのに

 

その頃は園庭作業の 一番大事なところでした

 

 

 

お話を聞いてみると 雨などが降ったときは

ナカナカ雨水が 浸透しないとの事でした

 

 

 

 

まだ小さな子供たちの 砂遊びを

何度か 観察したところ

 

何と深さ 30×直径2M もの大きな池などを

小さな子供たちが 造るのです

もうアチコチ 穴だらけ

 

 

そんな遊びもいまは しばらくお預けですね

 

でも 子供たちの笑顔を見ていると

こんなに大きな揺れの 地震の事を忘れて

 

少しでも早く工事の 完成へと 

何故か気力が湧いてくる 軽トラ社長でした

 

 

ところで軽トラ社長さん なんで土木の仕事を

なさるのですか?

 

 

 

ムウ〜〜〜

そこが一番 大事なところです

 

 

 

 

長年の土砂の 重みなどや

地下水脈の いたずらで

排水管に問題が生じ また

 

雨が降った後は 水はけが悪い

などの設備工事の大事な配管作業が あまりにも多く

 

 

 

軽トラ社長さん

こんなに深く掘って 大丈夫

 

と 小さな子供たちに言われそう

 

今は砂遊びもできず 

近くの 小高い丘や

小さな小川へ 散策に出かける

子供たちでした

 

 

こんなに環境に恵まれ 自然豊かな保育園は

ナカナカないですね〜〜

 

こちらの保育園は 毎日がドラマで

担当の先生方のご苦労が しっかりと伝わってきます

 

 

 

 

いろいろな工程が終わり 紅葉真っ盛りの頃に

役所の方の検査も 無事終り

 

すっかり顔見知りになった 保育園の

子供たちや 先生の安堵の表情を見て

 

軽トラ社長も ようやく一安心 やれやれ

 

 

 

 

地震を乗り越え 無事工事を終え

園の子供達と 多くの先生ご父兄のご協力により

少し難しい 仕事を

無事完成したのです 感謝、感謝

 

サァー明日から 思い切り砂遊びをしてください

 

 

 

 

 

後日 大雨の日にオソルオソル 状況を確認に行きましたが

砂の上は一滴も 水が溜まっていませんでした

思わづ パチ パチ パチ

 

こんな素晴らしい園庭で 思いっきり遊ぶことが出来る

子供たちはかけがえのない 貴重な体験をして

 

大きくなったら この保育園で遊んだ記憶が

きっと人生を生き抜く 大きな財産となるでしょう

 

 

 

 

軽トラ社長の奮闘記

札幌市西区発寒より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM