小型になった暖房ボイラー

仕事中です軽トラアクセル全開 comments(0) - 軽トラ社長
 今は、一年で一番寒さの厳しい季節です。2月4日は暦の上では立春ですが、ここ北国札幌では、これからが寒さ一番の季節です。
 そんな寒い日に暖房用ボイラーが運悪くトラブルになることがよくあります。写真のY様宅のボイラーは昨年のシーズン初めから調子が悪く、すでに一部部品交換をしましたが、なんといってもすでに12年も使用していますので、さらに部品交換が必要なのですが、最近のボイラーは小型化されているのはいいことですが、狭いスペースの中で、しかも長年の熱により一部金属が変形して、修理が順調にいくか、作業してみないとわからない不安な部分もあります。
 また修理には少々多めの修理費がかかってしまいます。メーカーさんとも話し合いましたが、トラブルの不安を残しての使用はにはもう限界が有ると判断して、Y様とも協議のすえ、新しいボイラーに交換することになりました。
工事前                          工事中

工事前完成
 上の写真を見比べてお分かりのとおり、ボイラーの大きさは約半分になっていて、それでなおかつ故障が少なく、イイトコだらけです。
 昨年末より灯油の値段がジワジワと下がり始めてきましたが、今までの値段は何だったのでしょうか?????
これからも灯油価格が安定していくことを願わずにはいいられません。
 また常に省エネ設備に心掛けていくことが、次の世代の方々へきれいでおいしい空気を残していくことが出来ると思い、軽トラ社長は暖房工事をしています。Y様ありがとうございました。
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM