綿ボコリの給湯ボイラー

よくあるトラブル110番 comments(0) - 軽トラ社長

お湯を作る機械で、灯油の給湯ボイラーです。どこにもあるます。
何となくくたびれた感じがしますが、もう20年も使っていました。
長い間ご苦労さまでした*****感謝


何で取り替える決心がついたかというと(お客様)
ご覧の様な状態です。

外から見る限りは、この程度ですが、
窯の中はススでいっぱいになっています。

こんなになると、匂いは出るし、音はうるさいし、煙は出るし、大変でエ〜す
時間をかけて直しても いいのですが、安心のできる状態までの修復は不可能です。

お客様とご相談して取り替えの見積もりをしたが、
ほかの業者と競合となり、なんと当社の見積金額が一番値が張っていました。

ほかの業者と競争するつもりは全くありませんが、詳しく工事の内容を
説明される業者は軽トラ社長さんだけ、と言われて お客様は当社に注文されました。

すっかり気分を良くした軽トラ社長は、何と15年も物が詰まったトイレを
いきなりばらして、いろいろな修理屋さんがお手上げのトイレつまりを、無償で修理をしていました。

そして うまく治り、お客様と よかったよかった と喜び合っています。
ちょっとサービスしすぎでない。

でもこんなの見ると、黙っていられず、腕を振るいたくなります。
写真を載せたかったが、作業に夢中になり、ありません。残念

でもトイレが2か所あるお宅でも、15年もよくがまんしたなあ〜と思います。
聞いてみると、我慢したのではなく、ほかの業者に頼んだのですが、最後まで直せる業者が
全然いなかったとの事でした。

結局は見積もりの工事時間より大幅にかかってしまいましたが、
工事内容では外の業者より 一番お安くなったと思います。 よしよし

そんなこんなしているうちに、従業員の息子がボイラー廻りの配管を組み上げていました。
パチパチパチ いつの間にこんなにできるようになったの

そして一言 余計なことをしないで煙突でも早く つけれよ〜 と 
うむむむ〜ん 軽トラ社長は無言

でもお客様の長年の不自由な思いを一つ解決し、心晴れやかな思いで
我が家へと帰りました。
Y様ありがとうございました


https://yamasaka-jyusetsu.com


 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM