懐かしい春香山 その

ぶらりのんびり山歩記 comments(2) - 軽トラ社長
JUGEMテーマ:山スキー

こんにちは
住まいの設備と リフォームの専門店
山坂住設サービスの 山坂修務(おさむ)です

いつも多くの皆様に 御縁をいただき
ありがとうございます

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今シーズン2回目の 春香山です 同じ山でも
冬は山スキーを使うと どこからでも 登ることが出来ますが

ただしルートの選択を 間違えると
とんでもないことに なるのでご注意を

いつも一人で 誰もいない しかも寒い季節に
何が楽しいのですか? と言う声が聞こえてきそうです




前回の 懐かしい春香山 その気離魁璽垢
とくに名前のついていない 誰も来ないルートですが

今回のコースは 春香のオンズスキー場から続いている
山スキーのコースです 久し振りに歩いてみました

冬しか行ったことがないので
夏道がついているのかは わかりません




サルの腰掛です まだ出来立てです これで何年たつのかな
何十年も前では 50cmとか70cmの大物が有りましたが

その後の健康食品の ブームの後にはどんどん少なくなりました
今はめったに見かけることが なくなってしまいました




ところどころ 感じのいい斜面がありますが
帰りのすべりの時には 足が疲れて うまく滑れるかどうか





途中にスノーモービルの トレースが
せっかくの静かな 山の中なのですが

この山にスノーモービルが 入り始めて
もう30年くらいにもなります




山の中腹なんですが この下には林道が有ります
廻りの木とかを 伐採して道を作っているのです

歩きやすくはなっていますが 自然の中の
山スキーコースの 醍醐味が半減いたします




この様に見ますと 何処かのスキー場と間違えてしまいます
ひょっとして 山頂まで スキーのゲレンデを造る予定かも




遠くに見えるのは 張碓の海岸です
子どもの頃 父や母 叔母などに連れられて

蒸気機関車に乗って 海水浴に来た
小さな駅が 有るはずです






先日 何とはなしに 昔使っていたカメラ(キャノンFTB)
を引き出しから出して 眺めていましたが

ナカナカ 味が有って いいな〜あ と思いました
この画像の映りは あまりよくない ですね

イイ カメラをほしくなりました
今年中には 何とかなるかも




途中で引き返して ここはスキー場です
前回と同じく またまた頂上へはいけませんでした

今年のシーズンは 春香山に始まりそしておをるような
次回は 春のザラメ雪の頃に 春香の春スキーを楽しみたいと

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


でも今日は 思い切り 汗を流すことが出来
またたくさんの オゾンを吸収することが出来

大満足の日曜日でした
帰りは いざ 温泉へ レッツゴー

そして 我が家に一刻も早く帰り
ブシューーと ビールで乾杯





軽トラ社長の奮闘記
 

懐かしい春香山その

ぶらりのんびり山歩記 comments(0) - 軽トラ社長
JUGEMテーマ:山登り

こんにちは
住まいの設備と リフォームの専門店
山坂住設サービスの 山坂修務です

ちょっと前の話で 申し訳ありません
なんたって 今は冬真っ盛りです

そんなこんなで日曜日には 軽トラ社長も
ぶらりのんびり 山歩きをしています

さてこの寒い厳寒期に どこへ行こうかな
と考えているだけで ソワソワ ニタニタします

時々我が家の天井を見上げて 明日歩くコースのイメージを
ふくらませています まるでオリンピックの選手並みです

さて 明日は何処の山へ行くのでしょうか
それは札幌にほど近い 春香山です

春香山へは 何回も登っていますが
何と言っても 山の名前や響きがとてもいいです



天気はいいのですが 朝のスタートは遅すぎます
夕べ あまりにも嬉しくて ちょっと晩酌を 飲み過ぎてしまいました

そんなことでいいんですか 軽トラ社長 頼みますよオ〜
なんたって先が長いんだから



どこまで行っても 落葉林 さぞかしキノコがとれそうですが
夏は時々熊が出てくるらしいので 迂闊にキノコ採りはできません



突然ですが ここはスキー場ですか? 
ハイ 私のスキー場です 下りが楽しみです



実は 10〜15年前までは ここは 軽トラ社長だけの
楽しい楽しい深雪コースでしたが ご覧のように スノーモービルの
トレースが無残にも山頂まで続いています



今日は天気も良くて なかなかいいです
遠くに見えるのは 子どもの頃汽車に乗り
海水浴に来た 張碓の懐かしい海岸です



自分としては この 何もない斜面が なかなか イイです
若かりし頃を思い出して またまた一人 ニヤニヤして歩いています



雪の造形 〈白いシカの遠吠え〉 と名前を付けました
それにしても 大きな角ですね 奥の峰はワウシリ山です

スタートが遅かったので もう引き返す時間になりました
9時半から1時まで歩きましたが 頂上には届きませんでした
残念 

軽トラ社長の年齢では もう無理なので
素直に引き返す事が 社会の役に立ちます

さあー 明日からまたがんばるぞ〜
と 向かいの山に向かって静かに叫びました お わ り


軽トラ社長の奮闘記
 

懐かしい冬尾根

ぶらりのんびり山歩記 comments(2) - 軽トラ社長
月日のたつのは 何と早いのか
ブログを始めるようになって とくに
思いついたら すぐにアップする
なんたって 夜8時過ぎはテレビを見ながら
ウトウト パソコンどころでは ありません

☆☆☆☆☆

だんだん 載せたい話題が古くなってきて
そのうち 迷宮入り でも連休は挽回のチャンスです

☆☆☆☆☆




ここはどこですか?????
毎年正月休みが終わるころに必ず来ます 
軽トラ社長の ホームグランドかな〜あ
こんな林の中の どこがいいの???

☆☆☆☆☆

一人で歩いているときは ラジオを聴きながらです
静かな自然の中で 変な音を出さないでよおー
そうはいかない 日曜 10時より HBC 松永アナの
オールデイズを聞くと 元気が出ます 

☆☆☆☆☆



小動物の足跡か 一生懸命に どこまでも
足跡が続いています

☆☆☆☆☆



だんだん天気が良くなり
もうここは尾根の上
歩きやすいです
真冬なのに 気持ちがいいです




遠くに 百松と烏帽子が見えます
山の上 こんなに広いところが
一月の雪は軽いです



うっすらと雲の間より山頂が見えます
何処かで見たような山容です
小さい頃から見慣れたここは
ソオーソオー 手稲山です

☆☆☆☆☆

今日は一人でここまでラッセルしたので
ひざが ガタガタ ゲンカイです
右に見える 第2峰より引き返しました

☆☆☆☆☆

ナカナカ感じのいい 新年の
山歩きでした



本年もよろしく



http://yamasaka-jyusetsu.com
 

積丹岳

ぶらりのんびり山歩記 comments(0) - 軽トラ社長
積丹岳は海岸に近い山です 
なだらかそうに見えまが 山頂付近はナカナカいい感じ



山頂から スキーにちょうど良さそうですが 意外と沢は深いです
以前 春先に ヘリコブターで山頂まで一気に飛び
下りは 山の中を滑り降りる ツアーは ココです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

雪のある山を歩く 道具の持っていない方には なかなか いい 企画だと思います
若い頃に 夏の山で 沢歩きで 数回登っています(伊佐内川)
雪のある時期は今回が初めてとなります(ダイジョウブデスカーアー)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おそらく今の自分の体力では山頂までは6時間くらいかかってしまうと思います
ちょっと前とだいぶ前にこの山で事故がありましたが 気象条件が悪いと 事故に繋がりやすそう 
雪のあるこの時期に歩いてみると ナカナカ大きな山懐です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


こんにグットな天気はないかも うれしいです 歩いて楽しいです
今日は日曜日です いつも歩いているときはラジオを聴きながらです
AM10:00より HBC 松永さんの番組を聞いています
流れる曲は 昔懐かしい曲ばかり たとえばプレスリーとか
歩く足取りも元気になります 松永さ〜あ〜ん イイ曲かけてくださ〜あ〜い
今度軽トラ社長で日曜日にリクエストします
うむ〜ん 何がいいかな 聞きたい曲がたくさんあって
優柔不断な僕には迷ってしまいます

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

年齢を重ねると 雑用が増えて ゆっくりと山を楽しむ機会が減ってしまい
体力も落ちてきます おそらく山頂までは まだまだ時間がかかります
区切りのいいところでひきかえします(アンゼン第一 アンゼン第一)


下山は スキーで滑るので あああ〜 という間に 登山口に到着します
あとは 途中 温泉につかって 早く我が家に帰り 
ブシュと 缶ビールをあけ ゴクンゴクン飲むことを楽しみに
軽トラ社長の充実した休日でした 安全運転で(ちょっとだけ前の山歩きでした) 
無料ブログ作成サービス JUGEM